医療用かつらの性能

医療用のかつらは、治療中で刺激を受けやすく、デリケートな状態にある頭皮にも負担がかかりくいように作られています。

2015年4月には、医療用ウィッグ(かつら)JIS規格化が制定され、頭皮に直接触れる部分のネット素材やインナーキャップなどの安全性が証明された製品が作られるようになりました。JIS規格合格製品化どうかを医療用のかつらを選ぶ際の基準にする人も増えています。

医療用かつらの性能で、特に重要な部分は、通気性です。通気性が悪いものは蒸れて頭皮がかぶれたり臭いの原因になったりすることもあります。そのため医療用かつらは、素材や繊維の編み方にこだわったものが多くあります

「体」の一部として扱われる医療用かつらは、見た目も違和感のないように工夫されています。毛質にこだわった人毛を使用していたり、豊富な髪色や長さ、スタイルなど実にさまざまなタイプがあったり、その人のこれまでのヘアースタイル以上に似合うものが見つかることもあります。

違和感の無さという点で、軽さや締め付け具合も重視されます。特に、病状によって頭の大きさに微妙な変化が起こることが予想されるので、微妙なサイズ調整ができるのが医療用かつらの優秀なポイントです。